インバウンド呼び込み 銭湯が民泊とタッグ

前の写真へ
大阪府内の銭湯数の推移

大阪府内の銭湯数の推移

 銭湯が民泊と連携し訪日外国人客(インバウンド)を呼び込もうとする取り組みが、大阪で進んでいる。利用客の激減で先細りする銭湯にとっては窮余の一策だが、体験型の観光を提供できる上に浴室を清掃する手間が省けるなど、民泊にもメリットはある。さらに周辺の商店にも足を延ばしてもらおうと、割引などの特典を受けられる仕組みを考案し、年内の導入に向けて準備を進めている。(北村博子)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ