iPS角膜移植「5年で一般的な治療に」 大阪大会見詳報

会見に臨む大阪大学大学院医学系研究科眼科学の西田幸二教授(右)。左は幹細胞応用医学寄付講座教授の林竜平教授=29日、大阪府吹田市の大阪大学(前川純一郎撮影)

会見に臨む大阪大学大学院医学系研究科眼科学の西田幸二教授(右)。左は幹細胞応用医学寄付講座教授の林竜平教授=29日、大阪府吹田市の大阪大学(前川純一郎撮影)

 大阪大の西田幸二教授は29日、大阪府吹田市の同大で記者会見を開き、人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作った目の角膜の細胞を患者に移植する世界初の手術について説明した。主なやり取りは以下の通り。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ