特攻隊員の思い伝える 知覧特攻平和会館、証言映像公開へ

特攻隊員らの資料が展示されている知覧特攻平和会館=鹿児島県南九州市(同館提供)

特攻隊員らの資料が展示されている知覧特攻平和会館=鹿児島県南九州市(同館提供)

 先の大戦で、飛行機ごと敵艦に体当たり攻撃を行った陸軍特別攻撃隊(特攻隊)の出撃基地があった鹿児島県南九州市の知覧特攻平和会館が、約15年間にわたり撮りためてきた元隊員ら約200人の証言映像を公開する準備を進めている。現在は映像をデジタル化し、公開する内容を精査している段階で、準備が整い次第公開する。戦後74年が経過して当時を知る人が少なくなる中、戦争の実相を後世に伝える狙いがある。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ