「プラごみは燃やせ」は暴論か正論か 中部大・武田特任教授が提唱、東京23区は「可燃」分別で実践

武田邦彦特任教授

武田邦彦特任教授

 レジ袋有料化や飲食店でのプラスチックストロー廃止など、環境対策としてプラスチックごみを減らす取り組みが相次いでいる。こうした風潮に「レジ袋もストローも燃やせばいい」と異論を唱えるのが、中部大学総合工学研究所の武田邦彦特任教授だ。東京都内ではプラごみを可燃ごみとして燃やしている現実もある。世界の潮流とは真逆にもみえるが、暴論か正論か。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ