「ストロー発祥の地」が示すプラスチックの将来

紳士服のはるやまが投入した「エコアイシャツ」(はるやまホールディングス提供)

紳士服のはるやまが投入した「エコアイシャツ」(はるやまホールディングス提供)

 海洋汚染など環境問題への取り組みとして国際的に規制が進むプラスチック製品。代替する紙製ストローは仕入れ値が高く、廃棄プラスチックを再利用した衣服は製造コストがかかるなど、企業が難しい対応を迫られる中、国内で「ストロー発祥の地」を名乗る岡山県浅口(あさくち)市では、医療・工業用などへの用途拡大を図る企業の支援に乗り出す。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ