京都・六波羅で平家一門の堀跡出土

前の写真へ
六波羅からから出土した平家が防御用に築いたとみられる堀と、平清盛時代に築かれた石垣=16日午後2時31分、京都市東山区

六波羅からから出土した平家が防御用に築いたとみられる堀と、平清盛時代に築かれた石垣=16日午後2時31分、京都市東山区

 京都市東山区で平安時代後期から末期にかけて平家一門が設けたとみられる武家屋敷の防御用の堀跡が出土したと、民間調査会社「文化財サービス」が16日に発表した。平家が拠点として整備した「六波羅(ろくはら)」と呼ばれる一帯にあり、六波羅から平家に関連する遺構が見つかったのは初めてという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ