認知症対策に初の数値目標 急速な高齢化、社会保障費増大に危機感

安倍晋三首相=首相官邸(春名中撮影)

安倍晋三首相=首相官邸(春名中撮影)

 国の認知症政策を示す大綱の素案が16日、公表された。柱に「予防」と「共生」を据え、「70代での発症を10年間で1歳遅らせる」などと患者数の抑制に向けた具体的な数値目標を初めて示した。背景には、国内で急速に進む高齢化と、それに伴う医療費、社会保障費の増大への強い危機感がある。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ