真剣勝負彩る「美しすぎる将棋駒」 人気駒師がパリで初個展

前の写真へ
平成27年の王位戦で使用された児玉さんの将棋駒。パリの個展で展示予定だ(児玉龍兒さん提供)

平成27年の王位戦で使用された児玉さんの将棋駒。パリの個展で展示予定だ(児玉龍兒さん提供)

 将棋人気が続く中、棋士の真剣勝負を彩る駒にも注目が集まっている。作り手(駒師)の個性に加えて木地の素材や書体などの組み合わせは多様で奥が深く、美術品として手元に置く収集家も多い。日本の伝統工芸を世界に発信しようと、その作品が「美しすぎる駒」ともいわれる人気駒師が17日から初の海外個展を仏・パリで開催する。(木ノ下めぐみ)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ