GCFで「鈴木屋敷」復活へ 個人からの支援も可能に 和歌山・海南

前の写真へ
返礼品の鈴木証明書(海南市提供)

返礼品の鈴木証明書(海南市提供)

 日本で2番目に多い鈴木姓の発祥地「鈴木屋敷」の復活に取り組んでいる和歌山県海南市が、ふるさと納税の仕組みを活用し、インターネットで資金を募る「ガバメントクラウドファンディング(GCF)」で支援を呼びかけている。これまでは企業からのみだったが、個人からの支援も可能に。鈴木姓や市ゆかりの返礼品も用意している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ