世界遺産 都市部の歴史遺産、景観保全と世界への発信重要

古市古墳群、(画像下から)誉田八幡宮と応神天皇陵と仲姫命陵と允恭天皇陵=2017年6月30日、大阪府羽曳野市(本社ヘリから、宮沢宗士郎撮影)

古市古墳群、(画像下から)誉田八幡宮と応神天皇陵と仲姫命陵と允恭天皇陵=2017年6月30日、大阪府羽曳野市(本社ヘリから、宮沢宗士郎撮影)

 世界に例のない巨大前方後円墳が集中する百舌鳥(もず)・古市(ふるいち)古墳群が、世界文化遺産登録へ大きく前進した。天皇陵を中心に1600年前の姿を今に伝え、古代国家の形成過程を物語る古墳群は、人類共通の歴史遺産にふさわしい。ただ、両古墳群は大都市にあるがゆえの景観保全という課題を抱えている。また、宮内庁管理の天皇陵などは立ち入りができないことから、今後は公開のあり方を含め、世界に歴史的価値をいかに発信するかが問われる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ