ヒト受精卵改変、法規制へ ゲノム編集

香港で開かれた国際会議で講演する中国・南方科技大の賀建奎副教授。遺伝子を効率的に改変できる「ゲノム編集」技術を使って受精卵を改変し、双子の女児を誕生させたと発表した=2018年11月28日(共同)

香港で開かれた国際会議で講演する中国・南方科技大の賀建奎副教授。遺伝子を効率的に改変できる「ゲノム編集」技術を使って受精卵を改変し、双子の女児を誕生させたと発表した=2018年11月28日(共同)

 生物の遺伝子を狙った通りに効率よく改変できる「ゲノム編集」技術を使って、ヒトの受精卵を操作することに対し、政府が法規制する方針を決めたことが12日、分かった。受精卵にゲノム編集技術を用いる研究に関する倫理指針が今月から適用され研究が解禁されたが、不安の声も強く、規制を強化する。22日の内閣府・生命倫理専門調査会で提案。半年間議論した上で具体的内容を決める。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ