iPS角膜移植 阪大教授「患者さんを治したい」

世界初となるiPS細胞を使った角膜移植の臨床研究に向け、記者会見する西田幸二大阪大教授(中央)ら=5日、東京都中央区

世界初となるiPS細胞を使った角膜移植の臨床研究に向け、記者会見する西田幸二大阪大教授(中央)ら=5日、東京都中央区

 人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作製した目の角膜を世界で初めて移植する臨床研究が5日、厚生労働省の部会によって了承され、研究チームを率いる西田幸二大阪大教授が東京都内で記者会見を行った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ