リストバンド型端末で高齢者見守り、異変に即対応

前の写真へ
次の写真へ
セコム・マイドクターウォッチ

セコム・マイドクターウォッチ

 リストバンド型の端末を使い、高齢者の見守りや健康維持に役立てる取り組みが広がっている。昨年12月、京都市内のサービス付き高齢者向け住宅では、こうした端末を使った24時間の脈拍モニタリングを始めた。脈拍の異常時にはアラート機能が働き、早期に対応することで本人や家族の安心につながることが期待されている。(加納裕子)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ