勤労統計ミス、約537億円追加給付 厚労相が謝罪

前の写真へ
不適切な勤労統計に関しての記者会見の冒頭で謝罪する根本匠厚労相=11日午後、東京都千代田区の厚労省(納冨康撮影)

不適切な勤労統計に関しての記者会見の冒頭で謝罪する根本匠厚労相=11日午後、東京都千代田区の厚労省(納冨康撮影)

 厚生労働省は11日、賃金や労働時間の動向を把握する同省の「毎月勤労統計」の調査が不適切だった問題の調査結果を公表した。過去の失業給付や労災保険などの過少支給で、延べ約1973万人に、計約537・5億円の追加給付を行う。統計結果は失業給付などの算定根拠となっており、国庫負担分の積み増しのため、政府は平成31年度予算案の閣議決定をやり直す。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ