「津波来るぞ」避難訓練 和歌山で南海トラフ想定

津波避難訓練で特急列車から下車して線路上を避難する住民や中学生ら=印南町(前川康二撮影)

津波避難訓練で特急列車から下車して線路上を避難する住民や中学生ら=印南町(前川康二撮影)

 JR西日本和歌山支社は25日、列車走行中の南海トラフ巨大地震の発生を想定し、和歌山県印南町と合同で津波避難訓練を町内で実施した。周辺の中学生や住民ら約400人が参加し、緊急停車した列車から下車して速やかに町役場まで避難した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ