免疫のブレーキ役発見、革新的がん治療に道筋 本庶佑氏にノーベル医学・生理学賞

次の写真へ
京都大の本庶佑特別教授(寺口純平撮影)

京都大の本庶佑特別教授(寺口純平撮影)

 ノーベル医学・生理学賞に輝いた京都大の本庶佑特別教授(76)は免疫を抑制するブレーキ役のタンパク質「PD-1」を発見し、免疫学の新たな地平を切り開いた。成果はがん治療薬として実用化し、革新的ながん免疫療法として世界から注目を集めている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ