微小物質使い難病腸炎改善 阪大がマウスで、新薬に道

マイクロRNAを投与した腸炎マウスの腸管(右)と投与していない腸炎マウスの腸管(大阪大提供)

マイクロRNAを投与した腸炎マウスの腸管(右)と投与していない腸炎マウスの腸管(大阪大提供)

 慢性の炎症や潰瘍により下痢、腹痛に悩まされる炎症性腸疾患(IBD)を、マイクロRNAという微小物質を投与して改善することにマウスを使った実験で成功したと、大阪大の山本浩文教授(消化器外科学)のチームが10日、発表した。新薬開発につながる可能性があるという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ