納豆早食い世界大会 栃木の腰塚真也さんが男性の部で3連覇 「殿堂入り」とともに「勇退」へ

前の写真へ
第16回水戸納豆早食い世界大会の男子の部決勝で、世界一の納豆早食い王の座をかけ、納豆をかきこむ挑戦者たち=18日午後、水戸市の偕楽園(峯匡孝撮影)

第16回水戸納豆早食い世界大会の男子の部決勝で、世界一の納豆早食い王の座をかけ、納豆をかきこむ挑戦者たち=18日午後、水戸市の偕楽園(峯匡孝撮影)

 「第16回水戸納豆早食い世界大会」が18日、「水戸の梅まつり」(31日まで)が開催されている水戸市の偕楽園で行われ、国内のほか米国、タイ、コートジボワールから20~60歳まで男女151人が挑戦した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ