生活・科学

画像診断誤り、救急でも 3年間で死亡12件

 救急医療現場で、エックス線やコンピューター断層撮影装置(CT)を使った画像診断が行われたにもかかわらず、治療が必要な症状を見落としたため、患者が死亡した事例が昨年秋までの3年間で計12件あったことが22日、日本医療安全調査機構のまとめで分かった。機構は「画像診断の際には、頭部の…[続きを読む]

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ