ラピュタ感がすごい 滋賀の山中にそびえる「謎の廃墟」

 琵琶湖の北東部、滋賀県長浜市の山中に、古代遺跡を思わせる謎めいた建造物がそびえ立っている。普通のビルなどとは明らかに異なる異様な外観で、草木に覆われ朽ちていく風情がコスプレイヤーの若者たちの間で評判を呼び、隠れた人気スポットとなっている。人気アニメ映画「天空の城ラピュタ」に登場する廃虚を彷彿(ほうふつ)とさせるその建物の正体は、銅を採掘していた「土倉鉱山」の施設跡。かつては千人を超える人々が暮らしにぎわった鉱山は、どんな様子だったのだろうか。(岡田敏彦)

■空中を銅が走る

 「若い人? 来ますよ、なんともいえない衣装をつけて。土日は多くて20~30人くらいかな」。そう話すのは、地元の長浜市木之本町金居原に住む山崎清志さん(85)。若者らが身につけているのは漫画やアニメなどの登場人物にふんしたコスプレの衣装だが、「若い人が来るのは良いことです」と笑顔を見せる。

 山崎さんによると、若者の人気を集める建物は、鉱山で採掘した岩石を砕き、沈殿分離槽に入れて銅鉱石を取り出す選鉱場だった。山崎さんは「選鉱場の前に、ずらっとトロッコが並ぶのを子供のころによく見た」と振り返る。

 採掘した岩石は建物の一番上に運ばれ、薬液の入った沈殿分離槽に入れられた。浮かんだ銅鉱石を取り出した上で、残りを下段の槽へ運ぶということを繰り返し、残った石は建物の外へ捨てたという。現在、あらわになっている柱のような構造物は土台で、「その上に木造の建物があった」と山崎さんは証言する。

 集めた銅鉱石は、空中に張ったワイヤを使い、ロープウエーのようにカゴで運搬した。「そこらの山頂に鉄塔が建っていて、(約12キロ離れた)木ノ本駅まで運んでいた」という。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ