大型商業施設に時短要請 千葉 蔓延防止措置延長で取り組み強化

 千葉県は8日、新型コロナウイルス感染症対策本部会議を県庁で開催し、政府が31日まで延長した蔓延防止等重点措置の12日以降の要請内容を決めた。対象はこれまでと同じ12市で、飲食店に酒類提供の終日自粛を引き続き求めるほか、新たに床面積が1千平方メートルを超える商業施設やその出店者に対し、午後8時までの営業時間の短縮(時短)を要請。ただ、食品や医薬品など生活に必要な物品を扱う売り場は除外される。

 ショッピングセンターや映画館など大型施設の時短についてはこれまでも協力を求めてきたが、一段強めて要請とし、協力金とセットにする。熊谷俊人知事は会議後の会見で、「(時短で)人流を抑制し、夜間の飲食につながるような動きを少しでも抑えていく」と狙いを語った。

 また、対象区域内の飲食店には、利用客による酒類の持ち込み自粛も新たに求め、協力金支払いの条件とする。

 熊谷知事は、「変異株の比率は1カ月前は1割を切っていたが、直近1週間では6割に近い。5月中にはほとんどが変異株に変わっていくだろう。いつ感染が急拡大してもおかしくないと危機感を持っている」と強調した。

 対象の12市は千葉市と、東葛地域の市川、船橋、松戸、野田、習志野、柏、流山、八千代、我孫子、鎌ケ谷、浦安の各市。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ