三浦半島の異臭騒ぎ“第2波” 一時鎮静化も再燃 「気のせい説」も

 神奈川県の三浦半島に位置する横須賀市や三浦市、東京湾岸の横浜市などの自治体で昨年6月以降相次いだ「異臭」を指摘する通報が、再び増えはじめた。一時は沈静化していたが、今年3月に1例発生すると、そこから通報ラッシュに発展。さながら“第2波”の様相を呈している。県の機関は調査を進めているが、なお原因解明には至っていない。報道が人々の心理を刺激することで通報の連鎖が起きるといった「気のせい説」もささやかれている。(外崎晃彦)

 県の集計によると、昨年6月以降、今年3月末までに発生した異臭の日付・エリア別の事例は計19例で、通報は計400件以上。内訳は昨年6月4日~11月6日が計12例で、通報が計370件以上。12月~今年2月の“空白期間”を挟み、再燃した3月は1カ月の間だけで計7例、通報は計34件にのぼった。

発生源は複数か

 通報場所は、昨年が横須賀、三浦、横浜、逗子、藤沢、茅ケ崎、鎌倉の各市と葉山町の計8自治体。今年が横浜、横須賀の2自治体。通報内容は、主に「ガス臭い」「ゴムの焼けたような臭い」「薬品臭い」「シンナー臭い」など。そのほか「ニンニク臭い」「硫黄臭い」「腐敗臭」などもあった。

 相次ぐ通報を受け、県は昨夏以降、地元の消防署と連携し、隊員に通報時の現場の空気を採取してもらい、分析している。ただ、発生源の特定など原因解明は難航している。県環境科学センター調査研究部の坂本広美部長は「通報内容や臭い、時間や場所はまちまち。発生場所も発生源も1つではなさそうだ」と話し、頭を悩ませている。

 県が原因解明につながりそうな事例として注目しているのが「異臭騒ぎ」の皮切りとなった昨年6月から7、8月と続いた3例だ。6月4日は午後8時ごろに三浦市で最初の通報があり、その後、時間を追って通報地点が北上した。

 その時間帯の三浦半島は南風が吹いていたため「半島の南側海上に発生源があったと考えられる」(坂本部長)。一方、7月17日は北風だったため東京都方面に、8月21日は南西の風だったため東京湾上に、それぞれ発生源があったと考えられるという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ