大阪で入院中の重症者が最多429人

 大阪府は3日、新型コロナウイルスに感染した重症者が新たに30人確認されたと発表した。いずれも基礎疾患がない30代男性2人と40代男女5人を含む。入院中の重症者は過去最多の429人となった。

 確保済みの重症病床361床の使用率は実質119%。429人のうち中等症病床や府外で治療を受けている69人を除いても、重症病床の使用率は99・7%に上っている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ