分厚く高価格な「鈍器本」からベストセラー続々 コロナ禍の在宅増、先行き不安が影響?

 最少の労力で読者に最大の効果を-。そんな常識もあったビジネス書の世界に異変が起きている。「紙離れ」が進むデジタル時代に逆行するような分厚くて高価格な書籍のヒットが相次ぎ、その重量感にちなむ「鈍器本」なる呼び名も生まれた。背景には会社員の在宅時間の増加と先行きへの不安をもたらした新型コロナウイルス禍の影響も見え隠れする。

 「みなさん見た目のボリュームに驚かれますが、男性読者を中心に好評で1日に20冊以上売れることもある」。ジュンク堂書店池袋本店の書店員、安斎千華子さんがそう語るのは、昨年9月に発売された『独学大全』(ダイヤモンド社)だ。全788ページで厚さは約5センチ。価格も3080円と安くはないが、9刷16万部のベストセラーとなっている。

 人気ブロガーの読書猿さんが書いた、ジャンルを問わない独学の百科事典。目標の立て方に始まり、時間の作り方、ネットや図書館の活用法などを紹介する。とかく挫折しがちな独学を続けるために必要なことが網羅された一冊だ。

 「大部なので持ち運び用に電子版も併せて購入される方もいる。机上の一冊となる紙版は、その分厚さからSNS上で“鈍器”版と呼ばれています」と担当編集者の田中怜子さん。分量を250ページほどに抑え、価格は1500円程度に-というビジネス書編集の“常識”に照らして分量を減らすことも当初は考えたというが、結果的に密度の濃さをそのまま生かした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ