福岡県も蔓延防止要請へ 西村大臣に意向伝達

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、福岡県の服部誠太郎知事は1日、西村康稔経済再生担当相に新型コロナウイルス特別措置法に基づく蔓延防止等重点措置を要請する意向を伝えた。措置区域や適用時期などについては今後、調整を進める。服部氏は同日、緊急記者会見を開き、「(措置区域で)福岡、久留米両市を外すことはまずありえない」との認識を示した。

 同県内では4月28日、過去最多となる440人の新規感染者が確認された。その後の感染数は300人台前半と低下傾向も見られたが、1日に352人の感染者が確認された。このため「予断を許さない状況にある」(服部氏)として、重点措置の要請伝達に踏み切った。

 服部氏によると、要請意向を受け、西村氏からは同県内の感染状況に危機感を持っているとした上で「機動的に対処する」との返答があったという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ