規定時間過ぎ希釈のワクチン 126人に接種 静岡・湖西

 静岡県湖西市は28日、医療従事者向けに25日に実施した新型コロナウイルスのワクチン接種で、規定の2時間以内を超過してから希釈し、接種するミスがあったと発表した。接種を受けた人は126人で体調が著しく悪い人はいないという。

 市によると、ワクチンは米ファイザー製。冷蔵庫から取り出して2時間以内に生理食塩水を加えて薄める必要がある。問題のワクチンは2時間以上、最長で3時間14分経過した後に希釈し、接種に使った。

 市は、高齢者向け集団接種の研修を兼ねていたため、説明などに時間を要し、希釈時間の管理が徹底されていなかったことが原因とした。同社や国に報告し、ワクチンの効果や健康への影響を確認している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ