届かない蛇口、急傾斜のスロープ…遠いバリアフリー 大阪の支援学校 

 知的障害のある子供が通う大阪府立東淀川支援学校(大阪市東淀川区)で、児童の手が届かない高さの洗面台や、狭くて介助が困難なトイレなど不適切な設備が問題になっている。平成28年度に大阪市から府に移管された特別支援学校で、府教育庁は保護者の訴えを受け、この春休みにようやくトイレの改修に着手。だが施設の不備は多岐にわたり、抜本的な解決にはほど遠い状況だ。(藤井沙織)

トイレ介助できず

 「地域の学校ではなく支援学校に子供を入れたのに、安全安心な環境ではなかった。余分な心配が増え先生の負担も大きい」。東淀川支援学校の卒業生の保護者(49)は、同校の様子をこう振り返る。

 知的障害のある子供が通う支援学校の多くは、手洗いの習慣を身につけるため教室内に手洗い場がある。小学部~高等部の児童生徒約250人が在籍する同校にも設置されているが、洗面台の高さは約80センチで、家庭などにあるものと同じ。「低学年の児童には届かないので踏み台を使う」と女性教諭。転倒のリスクが高まることにもなるが、廊下などにある手洗い場も同様の高さだ。

 排泄(はいせつ)に手助けが必要な子供もいるが、個室トイレの多くは教員が一緒に入って介助できない狭さ。他にも、教室と廊下の段差を埋めるスロープの傾斜が急で、車いすでは自力で上れなかったり、プールの水深が深かったりと問題はさまざま。昨春に他の支援学校から着任した太田正義校長は設備の至らなさに驚き、府教育庁に不備を指摘したという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ