パイの実がデニッシュパンになった!「小さい頃の夢」「味まんまの巨大パイの実」とSNSで注目 「めちゃくちゃこぼれるので注意」の声も

 コンビニエンスストアのファミリーマートと、製菓大手のロッテが共同開発したパン「パイの実みたいなデニッシュ」(税込み140円)が20日、沖縄県を除く全国のファミリーマートで発売され、SNSで注目を集めている。

 1979年に誕生した「パイの実」は、サクサクとしたパイとチョコのバランスが楽しめるロングセラー商品。新発売となった「パイの実みたいなデニッシュ」は、本家の「パイの実」と同じ形である六角形のパイ生地の中に、なめらかなミルクチョコレートを入れ、表面に卵を塗って焼き上げた菓子パンとなっている。香ばしく、パリッとした歯ざわりとサクサクとした食感を実現し、見た目・形・食感・味ともに商品名の通り“パイの実みたい”に仕上げた。

 ロッテの「パイの実」開発担当者は「今回は初めての試みになりますが、本家のパイの実と比較して、約17倍の重量(標準重量比較)となっているので、おいしさを存分に味わって頂けるのではないかと思います」とコメント。さらに「パイの実のようなサクサク食感、そしてデニッシュ生地の浮き具合までこだわり、何度も試行錯誤を重ねて、商品化に至りました」と自信をのぞかせた。

 「パイの実」そっくりな見た目は、SNSでもインパクト抜群で注目の的に。ユーザーからは「パイの実大好きだから食べたい~!!」「でかいパイの実だー!こういうのマジで好きww」「幸せの塊じゃん!」「これは買うっきゃない」といった書き込みが集まった。「小さい頃の夢が叶う」「夢の特大パイの実です」など、待ち望んでいたという人も少なくないようだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ