歯科医師のワクチン注射、特例で容認へ 厚労省が検討

 田村憲久厚生労働相は20日午前の記者会見で、新型コロナウイルスのワクチン接種をめぐり、医師不足への対策として、歯科医師による注射を特例的に容認する方向で検討すると発表した。自治体が設置する集団接種会場に限定し、個別の歯科医院では認めない方向。歯科医師に事前に研修も行う方針だ。

 記者会見で田村氏は「ワクチンを接種する側の人員が足りない地域があるので、それに対応する案として検討する」と述べた。厚労省は近く、有識者による検討会を開き、早急に結論を取りまとめる。

 現行法ではワクチン接種は原則として医師や医師の指示のもとで看護師に限られ、歯科医師は歯科治療の範囲内でしか注射が認められていない。検討会では歯科医師がワクチン接種をすることに対し、違法性を否定する特殊事情があるとの見解をまとめるとみられる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ