「箱根をどり」復活へ、芸者がクラウドファンディング

 新型コロナウイルスの影響で宴席が激減し、大幅な収入減にあえぐ神奈川県の箱根湯本芸能組合は19日、芸者たちが毎年6月に踊りを披露する「箱根をどり」の開催に向け、クラウドファンディング(CF)で資金500万円を集めると発表した。

 同組合によると、新型コロナ禍で約150人いた芸者は約120人に減少。収入が8割減になり、パートなどで生計を立てている人もいるという。

 芸能の灯を消してはならないと、昨年は中止した箱根をどりの復活を計画。CFは箱根芸者のオリジナルポストカードがもらえる3千円コースから、芸者100人による新年会を楽しめる4人分の宿泊券付きの100万円コースまで15種類用意した。

 竹沢政子副組合長は「コロナが終息すれば、需要は大きいはずだ」と期待した。CFの詳細は同組合のホームページ、もしくは電話0460・85・5338まで。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ