ワクチン予約落ち着いて 河野大臣、地元で呼び掛け

 神奈川県茅ケ崎市は19日、高齢者への新型コロナウイルスワクチンの接種券配送に合わせ、地元選出の河野太郎行政改革担当相の音声による防災無線での放送を始めた。約1カ月後の予約受け付けに向けた混乱回避のため、ワクチン供給の調整担当である河野氏に落ち着いた行動を呼び掛けてもらう。

 市によると、放送は5月20日に予約が始まるのを知らせ、「希望する方は確実に接種を受けられます。慌てずにご対応をお願いします」などの内容。今月19日から21日まで、午後1時半に流す。

 市の担当者は「当初は市長を予定していたが、より強くメッセージを送りたいと思い、河野氏にお願いした。市民に安心してもらう効果を期待した」と話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ