山梨知事、二階氏の五輪発言に賛同「一番重要なのは生命」

 自民党の二階俊博幹事長が新型コロナウイルスの感染状況次第では東京五輪・パラリンピックの中止も一つの選択肢との考えを示したことについて、山梨県の長崎幸太郎知事は19日の記者会見で賛同する考えを示した。長崎知事は元自民党二階派衆院議員。

 知事は「極めて常識的な発言。感染が蔓延(まんえん)している中で五輪をやるのは常識に反している。一番重要なのは国民の生命。五輪のほうが県民の命より大切というのはあり得ない」と述べた。

 現在の感染状況について「東京などが心配だが、蔓延防止等重点措置が成果を上げて五輪ができることを願う。山梨県は開催地なので、やるべきことをしっかりやりたい」と開催への努力を表明した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ