クリームたっぷりイタリアの「マリトッツォ」 ティラミス級ブームの予感  

 生クリームをパンに挟むだけ。至極シンプルなスイーツが今、人気上昇中だ。イタリア発祥の「マリトッツォ」。ティラミス以来のイタリアンスイーツブームの予感だ。(津川綾子)

 直径5センチの丸パンが、生クリームを頬張ったかに見えるその姿。食用花のピンク、パステルグリーンのクリームも鮮やかで、間違いなく写真映えする。

 東京・原宿の人気パン店「なんすかぱんすか」では今年2月にマリトッツォを発売。愛らしい姿とやさしい味わいが評判を呼び、今や1日約100個が飛ぶように売れる。レモン風味のリモーネ(430円)と、ピスタッキオ(480円)が定番で、時折、季節の味が加わる。

 ホテル「ザ・リッツ・カールトン大阪」のベーカリー部門のシェフだった青柳吉紀さん(47)が焼くマリトッツォの丸パンは、毎朝4時出勤で作り継ぐパネトーネ種の酵母を使った生地に、イースト菌による生地を合わせたもので、焼くまでに2日かかる。

 生クリームは、北海道・根釧地区の乳脂肪分の高い生乳がベース。「低温殺菌でしっかりした味わいがある」(青柳さん)という生乳をしっかり泡立てたものに、リモーネならレモンクリームを加える。ピスタッキオなら、生クリームに自家製カスタードクリームを少し足し、さらにピスタチオペーストを加える。

 マリトッツォを頬張る。すると口いっぱいにまろやかな生クリームが広がって、舌の上ですっと溶けた。ほんのりと甘く、リモーネなら爽やかな酸味が、ピスタッキオならナッツの香りが加わる。パンはしっとりとした口当たりで、かむほどに、甘みが増す。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ