仲邑菫二段「大和ハウス杯十段戦」予選C3回戦進出

 囲碁の中学生棋士、仲邑菫二段(12)は15日、大阪市北区の日本棋院関西総本部で行われた「大和ハウス杯 第60期十段戦」の予選C2回戦で、坂口隆三九段(72)と対戦。275手までで黒番13目半勝ちし、3回戦に進出した。

 仲邑二段は、昨年2月に60歳年上の坂口九段に黒星を喫していた。この日は終盤、互いの石を取り合う難解なコウ争いとなったが、最後は仲邑二段が制した。

 終局後、「終盤、コウになった辺りから難しい碁になりましたが、コウを解消することができたので、形勢がよくなったと思います」と話した。

 前期十段戦で仲邑二段は、予選Cを3勝して突破し、予選B初戦で敗退した。今期予選Cの3回戦は後藤俊午九段(54)と対戦する。この日で公式戦7連勝とし、今年の通算成績は18勝2敗と好成績を挙げている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ