宿泊療養断られ、医療従事者の妻は退職を考えた 体験まとめたコロナ「感染記」

 東京や関西など6都府県に蔓延防止等重点措置が適用され、再拡大の様相を呈している新型コロナウイルス。日々の報道をはじめインターネットなどには関連情報があふれるが、自分が感染したり身近に感染者がいないため、なかなか実感がわかない-という人も多い。2月に新型コロナに感染し、心身の変化や入院生活、家族への影響などをつづった「感染記」を電子書籍で出版した男性は「いざ自分が感染してみると分からないことばかりだった。明日はわが身だと思い、知ってほしい」と訴える。(大渡美咲、鬼丸明士)

感染防止徹底も…

 神奈川県横須賀市の会社員、佐竹敦さん(46)が「異常」に気づいたのは2月13日だった。寒気を感じ、検温すると37・5度を計測。その後、夜にかけて熱は上がり、のどの痛みと頭痛で何度も目が覚めた。

 翌14日は熱は下がり、出社することも頭をよぎったが、念のため市の相談窓口で教えてもらった救急医療センターで新型コロナの検査を受けた。車に乗ったまま検体をとるドライブスルー方式の抗原検査の結果は陽性だった。

 1人で外食することはあったが大人数での会食はせず、感染者との接触もなかった。マスクを着用し手洗いも欠かさず、思い当たるのは往復2時間程度の通勤時間ぐらい。その日は、神奈川県が発行する「新型コロナウイルス感染症 自宅・宿泊療養のしおり」を受け取り、薬を処方されて自宅に戻った。

難しい自宅療養

 佐竹さんは3階建ての一軒家に母と妻の3人暮らし。母親は高齢でパーキンソン病を患っており、佐竹さん自身も基礎疾患があった。自宅に戻ってもいいのか、家族もPCR検査を受けた方がいいのでは-。帰りの車中で考え、相談窓口に電話したが「保健所からの指示がないと対応できない」と、にべもなかった。

 自宅の2階に妻が養生シートを張り、急ごしらえの隔離部屋を作ってもらった。幸い家にはトイレと風呂が2つ以上あり、家族と別にすることができたが、自身の基礎疾患もあり、不安はぬぐえなかった。

 保健所に説明し、宿泊療養を希望したが、提案されたのは自宅療養だった。無料通信アプリ「LINE(ライン)」を通じた1日1回の定期確認、血液中の酸素飽和度を測定する「パルスオキシメーター」の貸し出し、配食サービスなどについて説明を受けた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ