首都圏連携で効果期待 蔓延防止の動きに小池氏

 東京都の小池百合子知事は15日、首都圏の埼玉県や神奈川県での新型コロナウイルス対応のまん延防止等重点措置適用の動きについて、「(地理的に)面でつながっているので連携して効果を上げることを期待したい」と述べた。都庁で報道陣の取材に答えた。

 小池氏は「危機管理としては、スピーディーに進めるのが今の状況を考えると必要だ」との認識を示した。

 15日午前の東京都中小企業団体中央会など2団体とのテレビ会議では、テレワークやオンライン会議の活用を改めて要請。「変異株が増加して新しい局面だ。徹底して人の流れを抑えないといけない」と強調した。経済団体側は資金繰り支援での柔軟な対応などを求めた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ