「赤いたぬき」「緑のきつね」期間限定で登場 “和解”し具材を交換「いつもほしいと思ってた」「見習えよ、きのことたけのこ」

 東洋水産は、カップ入り即席麺「赤いたぬき天うどん」と「緑のきつねそば」を12日から全国で発売。同社は、お揚げが入った「赤いきつねうどん」と、天ぷら入りの「緑のたぬき天そば」を販売しており、看板商品として人気を集めているが、具材を入れ替えたユニークな商品が期間限定で登場している。

 同社では「あなたはどっち!?食べて比べて投票しよう!」キャンペーンを2018年から実施しており、最終決戦と銘打った3年目では「緑のたぬき」が初めて勝利を飾った。それぞれの投票数は「赤いきつね」が8884票、「緑のたぬき」が9065票と僅差で「緑のたぬき」の勝利。お互いの健闘をたたえ、和解という形で終止符を打つこととなったため、“和解”を記念した新商品「赤いたぬき天うどん」と「緑のきつねそば」が発売された。なお、これまでにも同キャンペーンを通じて、過去に「赤いたぬき天うどん」や「もっと赤いたぬき天うどん」が販売されている。

 期間限定で登場した2商品は、お揚げと天ぷらを交換したことが特徴だが、「赤いたぬき天うどん」には小えび天ぷらをベースにした天ぷらに、「赤いきつねうどん」のお揚げを食べやすいサイズにしたきざみ揚げやたまごを加えた。「緑のきつねそば」は、具材をお揚げに変えても「緑のたぬき」の味わいに近くなるよう、甘さを控えめにしたかつおの風味が強いつゆを使用。具材にはお揚げと「緑のたぬき天そば」の天ぷらのトッピングでも使われている小えび天ぷらが入っている。

 投票が行われたのは昨年10月5日から今年1月31日まで。ネットユーザーも熱いバトルを見守ってきたが、和解を記念した商品が登場し、ツイッターでは「赤いきつねと緑のたぬきが和解したらしい」などと胸をなでおろす声と同時に「たぬきうどんが1番好きだから、赤いたぬきは嬉しいな。見かけたら買おう」「そば食えないから赤いたぬき助かる」「緑のきつね!完璧だ」「緑のきつねがいつもほしいと思ってた」などと歓迎する書き込みが相次いだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ