栃木でも高齢者ワクチン接種始まる

 栃木県内では初めてとなる65歳以上の高齢者を対象とした新型コロナウイルスワクチンの接種が12日、特別養護老人ホーム「美渉」(宇都宮市砥上町)で始まった。入所者29人のうち、70代から100歳の10人が接種を受けた。残りの19人についても13日以降に接種。同市では市内41カ所の特別養護老人ホーム入所者から順次接種を進める。

 この日は、同施設の休憩スペースで医師1人と看護師5人の6人体制で実施した。接種した入所者は観察スペースで待機、副反応などが現れないか、医師らが経過を見守った。

 接種を終えた90代の女性は「(痛みもなく)注射をしたことに気がつかなかったくらい。これで安心した」と振り返った。担当した滝口鉄郎医師は「配給に余裕がなく、扱いが難しいワクチンなので準備にかなり気を使った」と話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ