陛下、英女王にご弔電 フィリップ殿下死去受け

 宮内庁は12日、英国のエリザベス女王の夫、フィリップ殿下が死去したことに伴い、天皇陛下が女王宛てに弔電を送られたと発表した。上皇ご夫妻も同日、弔電を送られた。天皇、皇后両陛下は昨年、代替わり後初めての外国訪問として同国を訪問される予定だったが、新型コロナウイルス禍で延期された。

 陛下は学生時代、同国のオックスフォード大留学中に女王夫妻と面会しているほか、平成13年に同国を訪問した際に女王夫妻の案内で、皇室ゆかりの品を所蔵するウィンザー城内の図書館を見学された。宮内庁によると、陛下は留学中、フィリップ殿下に何度も会い、温かく接してくれたことを懐かしく思い出し、亡くなったことを残念に思われているという。

 上皇さまは昭和28年、昭和天皇の名代として女王の戴冠(たいかん)式臨席のため、同国を初めて訪問して以来、交流を重ねられてきた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ