12日から高齢者接種 「いつ、量は…」ワクチン供給に自治体不安

 新型コロナウイルスワクチンの高齢者約3600万人への優先接種が12日から始まる。各自治体では効率的な接種に知恵を絞るが、国からの安定的なワクチン供給に対する不安も隠せないようだ。

 感染者の急増を受け、12日から蔓延(まんえん)防止等重点措置が適用される京都市。接種対象の高齢者は約40万人で、重症化リスクやクラスター(感染者集団)の危険性を考えて高齢者施設の入所者と職員を対象に12日から接種を開始する。大型連休後、一般高齢者へ対象を広げる予定としている。

 一般高齢者への接種方法は、かかりつけ医など700施設での個別接種を基本とし、各区に集団接種の会場を設ける。接種券は4月23日までに送付し、予約開始のめどが立った段階で「予約開始のお知らせ」を送付する。ただ、予約殺到を避けるため「お知らせ」は年齢で区切るなどして段階的に送付する予定。

「国から詳報ない」

 課題はワクチンの供給量。市の担当者は「いつ、どれだけ供給されるのか、国から詳細なスケジュールが入ってきていない。混乱をきたさないためにも、安定的な供給をお願いしたい」と話している。

 大阪市は4月末までに約6600人分、6月末までに約70万人分のワクチンが供給されると試算する。今月12日以降、介護老人保健施設(老健)などの施設の入所者から接種を開始する予定で、それ以外の一般高齢者は「5月17日以降に実施予定」(担当者)だ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ