マイバッグ持参率98% レジ袋禁止3カ月の効果 京都・亀岡

 プラスチックごみ削減に向け、京都府亀岡市が1月、小売店でのプラ製レジ袋の提供を禁止する全国初の条例を施行してから3カ月がたった。買い物への「マイバッグ」持参率は98%に上り、レジ袋を受け取らない新たな生活スタイルが市民の間に定着しつつある。環境への意識が高まった市では今後、ペットボトル削減を目指した「マイボトル」普及も計画。「環境先進都市」の実現に向けて着々と進んでいる。(桑村大)

■6月以降は罰則も

 亀岡市中心部にあるスーパーマツモト荒塚店。会計を終えた買い物客らが次々とマイバッグを取り出し、購入した食料品や日常品を詰め込んでいく。

 「慣れると案外、不便を感じないですね」。こう話すのは、条例施行後から本格的にマイバッグを活用し始めたパートの村山愛世(あきよ)さん(36)。今では数種類の大きさを持ち歩く。市外で買い物する際もレジ袋を受け取らなくなり、「環境に優しく、良い取り組み」と理解を示す。

 条例は、市内の小売店やコンビニエンスストアなど全事業者が対象で、プラ製レジ袋の提供を有償無償にかかわらず禁じている。代わりとなる紙袋などの有料化も義務付けられ、6月以降は、市の立ち入り調査や是正勧告に従わない店舗の事業者名を公表できる「罰則」も設けられた。

 施行直後は「禁止されて不便だ」などと、市民と事業者の双方から賛否が市に寄せられたが、現在は市内に約700ある小売店の大部分が協力。マイバッグ持参も浸透し、市が主要なスーパーや商業施設を対象に実施した調査では、平成31年4月時点で53・8%だった持参率が、今年2月には98%まで上昇。条例制定に携わっていた市職員の山内剛さんは「市民の意識は着実に変わっている」と実感している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ