大和ハウス杯囲碁十段戦の第3局始まる

 囲碁タイトル戦「大和ハウス杯 第59期十段戦五番勝負」(産経新聞社主催)の第3局が8日、長野県大町市の「ANAホリデイ・インリゾート信濃大町くろよん」で始まった。

 今期は防衛を目指す芝野虎丸十段(21)=王座=に、初の十段奪取を狙う許家元(きょ・かげん)八段(23)が挑むシリーズ。牛越徹・大町市長らが見守るなか午前9時半、立会人の山城宏九段が定刻を告げると、黒(先)番の許八段が右上小目に、芝野十段が左下星に応じた。今期は第2局まで、黒番が勝利している。

 同市での開催は2年ぶり27回目。北アルプスの山々を望むイス席の対局室で実施された。

 持ち時間は各3時間の1日打ち切り制。同日夜までに決着する見込み。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ