ワクチン接種で生活戻るか 12日から高齢者開始で予約殺到も…専門家「マスク外せるまで早くても2年」

 12日から始まる高齢者用の新型コロナウイルスワクチン接種では、予約分が短時間で終了する地域もあるなど関心の高さを示した。今後、予約を確保して接種を終えるまで苦労がありそうだが、重症化しやすい高齢者もワクチン接種を受ければ自由な生活に戻ることができるのか。

 大阪府など3府県で「蔓延(まんえん)防止等重点措置」が実施され、「次は首都圏」との警戒感も強まっている。

 12日から接種を始める東京都八王子市では5日朝、コールセンターへの電話やインターネットの専用サイトを通じて先着順で予約を受け付けたところ、わずか約1時間半で上限の1900回分に達した。

 国は高齢者用の第1弾として少なくとも青森、千葉、長野、兵庫、広島、福岡、沖縄など28都県の37市区町村で12日から接種を開始するが、本格化は26日からの週となる見通し。

 5日には米ファイザー製ワクチン198万9000回分を積んだ全日空機がベルギーから成田空港に到着した。

 河野太郎ワクチン担当相は、約3600万人と想定する全高齢者の半数の1回目分に相当する数量を5月下旬までに自治体に配送。6月末までに全医療従事者と高齢者分をまかなう約5000万人分(約1億回分)を供給できるとしている。

 続いて基礎疾患を有する人や高齢者施設の従事者、60~64歳への接種が予定され、全人口の約5割にあたる約6050万人が対象となる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ