幼児誌「幼稚園」の付録がすごすぎる! センサー反応式セルフレジに「どこまで進化するんだ」「50分くらいかかって完成」

 幼児誌「幼稚園」(小学館)の付録が「すごい」「本格志向でびっくり」などとネットで話題を呼んでいる。これまでもUFOキャッチャーや公衆電話など、幼児誌の付録とは思えないクオリティーがネット民の目に留まり、度々関心が向けられたが、現在発売中の同誌5月号の付録は「セルフレジ」。こちらも本物そっくりなデザインや凝ったギミックで、子供だけでなく大人世代も驚かせた。

 同誌は、企業とコラボレーションした付録が人気で、今回は東芝テックとコラボ。近年、スーパーでも見かけることが増えたセルフレジを、レジ製造メーカーの東芝テック全面協力のもと、紙付録で再現した。

 形を模しただけでなく、センサー反応式で、センサーに品物をかざすと「ピッ!」というスキャン音と、「258円」などと音声が出る仕組みとなっている。金額も用意された24パターンがランダムで液晶に表示される。

 さらに、本体のボタンを押すとレシートまで出てくるというから驚きだ。このレシートにもこだわりが詰まっており、「ご来店の際はマスク着用のうえ、他のお客様と距離をあけていただきお買い物下さいますようお願いします」の一文が記されており、時代を反映している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ