【こちらサンスポ社会班】“老舗”将棋道場の閉鎖相次ぐ ネット普及&コロナ禍直撃

 各地で“老舗”将棋道場の閉館が続いている。プロ棋士も輩出した広島将棋センター(広島市)は今月7日で終了し、日本将棋連盟直営の新宿将棋センター(東京・新宿)も今月末で幕を閉じる。ネット対局の普及に加え、新型コロナウイルス禍が経営を直撃。ただ子供人気の高まりに光明を見いだす向きもあるようだ。

 3月中旬、平日の昼下がり。JR新宿駅から歩いて5分ほどのビル6階の一室に約20人がいた。将棋盤に向き合う高齢の常連客。プロ棋士による指導対局を熱心に見つめるファン…。だが駒音は、せわしなく行き交うJR線の走行音と駅近くのビジョンから流れる音楽にかき消されがちだ。

 新宿将棋センターは1970年代から新宿エリアで数度の移転を経て、2009年から現在の場所に落ち着いた。11年に連盟直営となったが、昨年3月に閉鎖が決まった。最盛期は平日に500人が詰めかけたというが、最近は100人程度。「閉鎖は寂しいというより、つらいですね」。同センターで40年勤務する芳賀徹氏(69)は声を落とす。

 かつては“街の社交場”でもあった将棋道場が姿を消している。将棋界のレジェンド、羽生善治九段を生んだ八王子将棋クラブは18年末に閉店。故村山聖九段(98年死去、享年29)らを輩出した広島将棋センターは今月7日で40年以上の歴史に幕を閉じた。ファンや経営者の高齢化と、ネット対局の普及が主な要因だ。これに昨年来のコロナ禍も追い打ちをかけた。連盟は正確な件数を把握していないものの、各地で道場の閉鎖や休業が相次いでいる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ