片山さつき氏、中国ワクチンは「信頼性は不透明、新たな変異株出現の助長も」 「日本で承認・接種することはあり得ない」 香港政府は2人の死亡発表

 国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長が先日、「中国側から東京五輪参加者への中国製ワクチン提供の申し出があった」と明らかにし、波紋を広げた。世界各国でワクチン不足が伝えられるなか、中国は活発に「ワクチン外交」を仕掛けている。参院自民党の論客、片山さつき元地方創生相が中国の狙いを分析し、どう対処すべきかを語った。

 「フランスのエマニュエル・マクロン大統領らも、中国製ワクチンの安全性に警鐘を鳴らしており、信頼性は不透明だ。接種しても効かないどころか、新たな変異株の出現も助長しかねないとの指摘もある。そもそも、(治験の最終段階で行う大規模な)第3相の治験を行っていないワクチンを日本国内で承認・接種することは、あり得ない」

 片山氏は語った。

 日本で接種が始まったのは米製薬大手のファイザーが開発したワクチンだけだ。中国製ワクチンは承認されていない。香港政府は13日、中国製ワクチンを接種した男性2人が死亡したと発表した。接種の予約のキャンセルも相次いでいる。

 それでも、中国は各国に利用を広げようとしている。在日中国大使館は、中国製ワクチンを接種した人を対象に、「中国渡航に必要な査証(ビザ)発給で便宜を図る」と発表した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ