小岩井乳業の「ビン商品」販売終了にネット民「風呂上がりの一杯が…」「フルーツ牛乳終売に続き…」とガックリ

 小岩井乳業が25日、今年3月いっぱいで「ビン商品」の製造および販売を終了すると公式サイトで発表。SNSには「風呂上がりの一杯が…」「時代の流れには勝てなかったか!」「フルーツ牛乳終売に続き…残念」などと惜しむ声が相次いでいる。

 同社は3月をもって「ビン商品」の販売を終了することを発表。4月から「新容器ミニパック」に切り替えるとし、「小さいお子さまや高齢者の方にうれしい小型サイズ飲み切り150mlの紙パックで、これまで通り小岩井工場から直送でお届けいたします」と報告している。同社の商品一覧によると現在は、200mlのビンに入ったミルクコーヒーの「小岩井コーヒー」や牛乳の「小岩井まきば」を宅配用として販売している。

 ツイッター上にも、東京・銀座にある岩手県のアンテナショップ「いわて銀河プラザ」に陳列されたビンの「小岩井コーヒー」と「小岩井まきば」と、棚に張り出された小岩井乳業名義による「販売終了のご案内」の告知の写真が投稿されており、同店は産経デジタルの取材に「3月いっぱいでビンの販売は終了します」と回答した。

 ビン商品終売の発表を受け、ネット上には「風呂上がりのお供だったのに…残念ですねぇ」「マジかぁ!風呂上がりの一杯がなくなっちまうのかぁ~温泉入ったあとは必ずこれだったなぁ」「お風呂屋さんで瓶で飲むのがこの上ない幸せなだったのにー」などと惜しむ声が寄せられている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ