都のワクチン開発支援要請

 東京都の小池百合子知事は25日、自民党本部を訪れて二階俊博幹事長らと会談し、都関連団体の東京都医学総合研究所が進めている新型コロナウイルスのワクチン開発を国として支援するよう要望した。

 小池氏は会談後、報道陣の取材に「まだサルの実験段階ではあるが、既に効果が表れている。研究のフェーズを上げていくために資金も必要になってくる」と述べた。党本部には開発担当者も訪れ、二階氏らも関心を示していたという。

 小池氏はさらに「ワクチンの確保にも努力していると思うが、国が研究開発を促進して国産ワクチンを持つことは国の安全保障そのものではないか。国民や都民の命を守ることにつながると強く訴えた」と話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ