需要広がるコロナ後遺症専門外来 視野に入るワクチン後

 新型コロナウイルス禍では、重症化だけではなく後遺症の問題も気になるところ。新型コロナの後遺症対策を専門に行う外来が設けられている病院もある。医師によると、外来にやってくるのは50代までが多く、症状の訴えは倦怠感(けんたいかん)や微熱、味覚障害など多岐にわたるが、「感染で特殊な生活を強いられるためか、精神面の不安を抱えていたり、不眠になったりする人もいる」という。

需要大きく、診療時間を拡大

 岡山市の岡山大学病院には2月15日、「コロナ・アフターケア外来」が開設された。大塚文男副病院長によると、同病院では新型コロナ患者を受け入れているが、重症・軽症に限らず後遺症の症状が多いことが分かってきて、退院後のフォローアップの必要性を感じ、昨年の秋ごろから準備を進めてきたという。

 後遺症の内容は多岐に及ぶことが想定され、複数の症状に対応できる『総合内科・総合診療科』に開設。プライバシーに配慮し、入り口には『コロナ』の文字は掲げず、通常の総合内科の患者と同じとした。かかりつけ医からの紹介か、各地の保健所を通じた予約によって受診する仕組みだ。

 当初は月、火曜日に限り医師5人態勢で対応していたが、「需要が大きく水曜、木曜日にも枠を拡大した」(大塚副病院長)。

後遺症の訴え、最多は倦怠感

 大塚副病院長によると、外来に来るのは高齢者よりも50代までが多い。訴える症状はさまざまで、「37・5度に至らない微熱、味覚障害、嗅覚障害など多岐にわたる。因果関係は分かっていないが手足のしびれを訴える人もいた」。20~30代の女性では『排水口が詰まるくらいの脱毛症状がある』と訴える人もいたという。

 同病院の8例目までのまとめでは倦怠感が6例、脱毛4例、微熱3例。「人によってこれらが併発している状況だ」(大塚副病院長)という。また、新型コロナへの感染により特殊な生活を強いられることによるものか、精神面での不安を訴えたり、不眠に陥ったりする人も目立つという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ