はやぶさ2、太陽に最接近 無事に乗り切る

 新たな小惑星探査に向けて飛行中の探査機「はやぶさ2」について宇宙航空研究開発機構(JAXA)は19日、これまでの旅路で最も太陽に近い場所を無事に通過し、順調に飛行を続けていると発表した。

 はやぶさ2は13日、太陽と約1億2000万キロの距離まで最接近。機体は温度が上昇したが、太陽に対する角度を工夫するなど慎重な制御を行った結果、問題は生じず、状態は良好という。小惑星「1998KY26」には令和13年7月に到着する予定だ。

 小惑星リュウグウで採取した石や砂などの試料計約5・4グラムは現在、JAXAが光学顕微鏡による観察やそれぞれの重量の測定を行っている。今年6月以降は構造や成分などを調べる初期分析を開始。生命の材料となる有機物の有無や、リュウグウの成り立ちを探る研究につなげる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ